競馬予想サイトBigGetマガジン主宰の田原成貴がレース、馬、騎手のあれやこれやを書き綴ります・・・皆さんの競馬のヒントになるかも?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
トールポピーは強かったね!
イレ込んでいた桜花賞とちがって、今回は落ち着いていたね。
このことが一番の勝因じゃないかな。
俺は、桜花賞からうまく立て直せないのじゃないか、と思って評価を下げた。
見事に立て直した山本トレセンの、ノーザンファーム関係者は凄いね!

池添の騎乗だけど、
直線で前が塞がった、やむなく内へ、脚があるから突き抜けられたけど、
トールポピーより脚がない馬は当然、押し込められる。
他の馬の進路を妨害したことは間違いない事実。
事実が全て。

競馬会の裁決委員は昔からいい加減。
馬主の力関係や、その時の馬の人気や競馬会の状況、さらに裁決委員が置かれている立場で大きく変わる。
フェアーな裁決を期待するほうが間違っている。
着順の間違いを訂正しない組織だよ。
(その辺は、今回発売した俺の著書”八百長”を読んで下さい。詳しく書いてあります)
レースの裁定をファンになんと言われようと、気にもかけていないよ。

ヤクザが賭場で、丁を半にごり押しするのと同じ。
博打では、胴が一番強いのです。
張り方は、それを承知で参加しないとダメですね。
「そんなの不公平だ」と思う人は博打なんてやめたほうがいい。
日本の競馬は、コマーシャルで奇麗事を並べていても、
本質はそんなもの。
池添はある意味、偉い。勝負師だね。
その辺のことを読んでるよ。
一流といわれる騎手は、その辺のことも全て計算済みで、今回の裁決委員は00で今、どういう立場にいる。今回はXXで今、人事で上にいきそうだ」そういうことまで頭に入れてレースに乗ってるよ。

競馬ファンなら、嫌なことも事実は事実として認めること。
純粋に夢を追うなら、テレビゲームの競馬をしたほうがいいですよ。
田原さん酷いことを言うな。と思うかもしれないけど、これが事実ですから。
まっ、このブログに遊びにきている人は、その辺のことをかなり分かっている人が多いんじゃないかな。
競馬見てたら分かるもんね。


 にほんブログ村 競馬ブログへ  
桜花賞勝ち馬レジネッタ。
桜花賞3着馬ソーマジック。
フローラSの勝ち馬レッドアゲート。
桜花賞4着馬リトルアマポーラ。
スイートピーSの勝ち馬アロマキャンドル

レースがしやすいのは、
レッドアゲートとソーマジックか・・・。

リトルアマポーラは幸四郎がどういう乗り方をするか、興味深いね。
というか楽しみだね。
この馬、かんたんに御せそうで難しい馬だと思う。
4コーナーまでうまく運べて、直線でロスなく外に出せればいい脚を長く使うよ。

レジネッタは折り合いだけだね。

俺の注目は、
ソーマジックとアロマキャンドル。
とくにアロマの勝春がどういう乗り方をするか。
一か八か!こう腹をくくったらおもしろいね。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
競走馬としての炎は半分以上消えていても、負けるな。
以前のウオッカでなくても、ここで勝てないでどうする。
炎半分以下だからこそ、勝ってほしかったけど・・・。
ウオッカファンとしては腹が立つよね。
勝てる馬なのに、勝てなくしちゃった原因はなんだ!?

64年ぶりだっけ?
牝馬のダービー制覇。
同世代の牡馬が弱かった?流れと展開に恵まれた?大マグレ?
なんであろうと牝馬がダービー勝つなんて大したもんじゃん。

息つく暇も与えられず、無茶なローテーションで、持ち味が生きる距離のレースじゃなく、不得意な距離のレースばかり使われ、いじめられて、ウオッカがカカオフィーズになっていようと、今回(ヴィクトリアマイル)のレースの条件は、最も力を発揮できると思える東京のマイル戦で、しかも牝馬限定の定量戦だよ。
競走馬としての炎が以前の半分でも、勝ってほしかったね。
いや、勝たないとダメだよ。
だってウオッカだから。強い弱いは関係ない。
ヴィクトリアマイルに出走することになって、「このレースを負けたらケチがつく・・・今でも下がっているのに、負けたらウオッカの評価が本当に下がる」と思ったね。
以前の力を発揮できないウオッカでも、海外遠征帰りで本調子でなくても、出走する限りは(最低でも出走できる状態(デキ)なんだから)、カカオフィーズになっていようと、ウオッカ自身のために勝ってほしかったね。

それでも勝てなかった。
かわいそうだよね。
俺は好きだもん、ウオッカ!

桜花賞までのウオッカは凄かった!
余裕で勝つと思っていた桜花賞で、「あれっ・・・なんだよ」って感じで負けたけど、
それでも競馬関係者や競馬ファンの評価は下がらなかった(と思っている)。
俺もウオッカに対する評価は下げなかった。
ダービーの鮮やかな勝利で、桜花賞のショックを払拭し、強さを証明した。
俺は応援はしたけど・・・牡馬相手で2400m。ダービーを勝てるとは正直思ってなかった。
恐れ入ったね!

秋に備え休養かと思ったら、
宝塚記念への出走と、凱旋門賞への出走が発表された。
今だからいうんじゃないよ。
宝塚記念の10日前に、清水(成駿)さんと行なった対談で、
「早熟で、距離もマイルくらいまでしかダメで、桜花賞でいっぱいいっぱいという、つまらん3歳牝馬の使い方。ああいう馬は、もうちょっと辛抱してやったら、古馬になってからでも普通に通用するのに。だってね、今は馬がメキメキと良くなっているよ。ダービーが終わってすぐなのに、あの体になるんだから。今年すでに4戦、ダービー使って、この後宝塚、ちょっときついよね」
という話をした。
案の定、宝塚記念は惨敗。惨敗後も外遠征に向けて調教を積み、挙句の果てに骨瘤で断念。
かわいそう。

あの強いウオッカが、
なんでこうなっちゃったの、なんでああなっちゃったの・・・!?
宝塚記念に出走させたからだよ。

昨年後半から、競馬ファンのウオッカに対する評価は正直よくない。
今年の初戦、京都記念で負けた頃から下がる一方といっても過言ではない。
たしかに、成績を見るとそうなっても仕方がない。
反論はできない。
でも俺は肩入れする。
なんでかって・・・。
あの馬が、ウオッカがベストコンデション、いや、普通の状態で、持ち味の生きる距離の競馬に出走し、コンビを組むジョッキーがうまく乗ったら、いい脚使って、いい競馬をするよ。
”スパーン”と気持ちのいい競馬を見せてくれるよ。
いい状態のウオッカに一度レースで乗ってみたかったね。
でも、そういう状態のウオッカをとんと見ていない。
というか、もう見れないだろうね。
残念だね・・・。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
勝ったエイジアンウインズは強かったね。
伸二もうまく乗っていた。

豊のレースぶりや、仕掛けのタイミングについては、いろいろな意見があるけど(負けたのだからいろいろ言われても仕方がない。それが敗者の宿命です)。
オレが見るには、レースぶりは悪くなかった。超スローペースでも流れに乗って、ウオッカにしては前目の位置で折り合いもよくついていたしね。

仕掛けのタイミングはうまかったね。ブルーメンブラットがあの勢いで前にいたのに、よく我慢したよ。さすが豊、と思ったよ。
あれだけ追い出しを我慢して、ゴール前で脚が上がり気味(バタッとはきてないけど、止まる直前だよ)。もうワンテンポ早く追い出していたら、ゴール前でバタッときて、3着だったんじゃないかな。

ウオッカはどんどんレースぶりが悪くなってるね。
オレはダービーの後の宝塚記念がよけいだったと思ってる。
あれで、ウオッカの競走馬としての炎は半分以上消えたよ・・・。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
ドバイ遠征帰りのウオッカが登場。
遠征疲れ、仕上がり具合といろいろあるだろうけど、
広くて直線が長い東京コースのマイル戦。
しかも牝馬限定の定量戦。

負けたらいかんでしょう!

 にほんブログ村 競馬ブログへ  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。