競馬予想サイトBigGetマガジン主宰の田原成貴がレース、馬、騎手のあれやこれやを書き綴ります・・・皆さんの競馬のヒントになるかも?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
ジャパンカップは、昇り馬のスクリンヒーロが見事な競馬で快勝!
好漢、鹿戸雄一調教師に、ジャパンカップ優勝というビッグなプレゼントを贈った。

トレセンの関係者で、鹿戸のことを悪く言う者はいない。
ゴール前でスクリンヒーロが抜け出したときには、「粘り切れ、差されるな」と、声を張り上げて応援したはずだ。
いや~、ほんとうによかった。おめでとう雄一!

負けたけど、ディープスカイの四位はうまく乗った。
神戸新聞杯と天皇賞は、明らかに折り合いを欠いていた。
相手関係が楽だった神戸新聞杯は力でねじ伏せられたが、
古馬の強豪相手の天皇賞は、折り合いを欠いた分、いつもの決め手は使えなかった。
「ペースを読んでもう少し前々でレースをしなきゃ……もう少し前にいたら差し切ってたんじゃない」
今回のラップタイムと展開を見ればそう言う者もいるだろう。
言ったからといって責めるつもりもないし、ペースと展開を考えると言いたくなるのもわかる。
あのペースで、勝ち馬のすぐ後ろとは言わないが、2,3馬身後ろを追走して、勝負所からスムーズな競馬ができれば差し切っていただろう。
差し切っていた、とまで言うのなら、なぜ、後方からレースをしたことを責めないのか。
仲がいい後輩だから庇うのか、と怒る者もいるでしょう。
でも、あのペースで、あの展開だから、あの乗り方でいいんです。
超スローで前残りだからといって、あれより前につける気になったり、途中で早めに前に上がっていたら、直線であれだけの脚は使ってない、使えない。
あの乗り方でいいんです。
天皇賞でも春のように、今回の競馬と同じような気持ちで乗っていたら、「勝っていた」とまでは言い切れないが、まちがいなくもっと際どい勝負にはなっていたはず。
そのことを踏まえて、今回、自分の競馬に徹したのは正解だったと思う。
これから成長すれば天皇賞や神戸新聞杯のような競馬をしてもスムーズに折り合って終いも切れるようになるかもしれないが、うまくいったとしてもたかが知れてる。
無理せず折り合いがついて前の位置になった場合は別だが、流れや展開にかかわらずディープスカイは、しばらくは春や、今回のジャパンカップのような競馬があっていると思うな。

来年は向かうところ敵無し!それくらいやってみろ四位!それでカッコいいとこ見せてくれよ!
期待してるぜ!
スポンサーサイト
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。