競馬予想サイトBigGetマガジン主宰の田原成貴がレース、馬、騎手のあれやこれやを書き綴ります・・・皆さんの競馬のヒントになるかも?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
初戦は馬を気分良く走らせて、いい成績を挙げるように乗るのが普通じゃないかな。
2歳のデビュー戦で競馬を教えるような余裕はほとんどないね・・・。

でも他の馬とは力が数倍違う馬なら話は別だね。
腕のいい、頭のいい騎手が、そんな凄い馬に乗ったときは、先を考えて、少しでも競馬というものを馬に知ってもらおう、覚えてもらおう、と思って乗っているよ。

質問の、騎手が馬に競馬を教える。かどうか、ってことだけど。
教える。教えない。で断定しろと言われたら、
俺は、騎手が馬に競馬を教えることはある!と言い切る。
ずっとハナを切っていた馬が通用しなくなって、後方から行かせることを覚えさせたら、それから何勝もした馬や。
その逆で、後方から追い込んでちょい足らずの馬に、逃げや差しを覚えさせたら、それから何勝もした馬は実際に何十頭もいるよ。
実際そういう経験もしたし、身近で見てきたからね。
質問者だって、脚質転換で成功した馬を知っていると思うな。
それって騎手が教えてこそできることじゃないかな。


スポンサーサイト
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
コメント
この記事へのコメント
田原さんは何味のラーメンが好きですか?
ぼくは山田うどんが好きです
2007/09/07(金) 19:57 | URL | ハイエナ #-[ 編集]
松田博資師は武豊騎手が嫌いだからこのようなことを言ったのではないでしょうか。
正直騎手としての実績がない人が、調教師という今の立場でそういうことを言っても全く説得力ありません。
それどころか「騎手なんかより俺らの方が偉い」と言っているように聞こえ怒りすら覚えます。
豊さんはもちろん岡部さんや田原さん河内さん等名騎手がそういうなら納得しますがね。

「そんなことが出来る訳がない、負けた時の言い訳」

非常に不愉快な発言です。現役騎手はあまり大きなことは言えませんし、こういう人達を斬れるのは田原さんしかいません。
頼りにしていますよ。
2007/09/07(金) 20:15 | URL | SP #-[ 編集]
田原さん回答ありがとうございました。
私も実際調教じゃ教えきれないものはあると思ってたました。
2007/09/07(金) 20:24 | URL | #-[ 編集]
追記ですが、脚質転換で成功した馬。
記憶に新しいところでは、ハーツクライがやはり最大のそれでしょう。
まさに田原さんがおっしゃっている「いつも凄い追い込みでちょい足らず」な馬でしたが、
2005年の有馬記念で驚きの先行抜け出し。ドバイシーマクラシックはなんとそれまでは考えられない逃げ切り圧勝。そしてキングジョージで世界と互角の戦い。
この躍進はルメールという名ジョッキーがいなければ、あの時先行策をとらなければなかったでしょう。
もちろんどの馬でもこんな脚質転換が出来る訳ではないと思いますが。

果たして松田博資師達はこういうことを栗東で教えることが出来るのでしょうか?
どう考えても出来る訳ないでしょう。
2007/09/07(金) 20:26 | URL | SP #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/07(金) 23:05 | | #[ 編集]
一人の競馬ファンとしての意見を述べますので、気を悪くなさらないでください。田原さん個人への意見ではなく、騎手の方全員に読んでいただきたいお話です。
あくまでも個人的な意見ですが、全力で勝ちにいって、結果的に競馬を教えることになれば大歓迎です。しかし、レースの中で意識的に馬込みに入れるなどして競馬を覚えさせるのは、騎手が本来やるべき仕事ではないと思っています。なぜなら競馬は他のスポーツとは決定的な違いがあり、単勝馬券を握りしめて応援しているファンが大勢いるからです。どんなに力が抜けていると思っても、常に全力で最善を尽くして勝ちにいってほしい。それが、多くの競馬ファンの願いではないでしょうか?ゴール後に1着馬と2着馬の騎手が握手する光景をたまに目にしますが、あれもあまり好ましい姿ではないと思います。できれば2着馬の騎手には悔しがってもらいたいですね。
その話は置いときましょう。田原さんがおっしゃったように、脚質転換して成功した場合は、結果的に騎手が競馬を教えたことになると思います。言い方を変えると、馬が持つ本来の潜在能力を、騎手が引き出しただけなのかもしれませんね。
いずれにせよ、田原さんのように積極的に馬の持ち味を引き出せるジョッキーは少ない気がします。中には、調教師や騎手が乗り方を指示して、馬の良さを殺しているケースもあるのでしょうが。あれは良くないと思います。
その点、ダビスタの田茨騎手は、作戦を「騎手におまかせ」にしないと馬が引っ掛かりますからね。田茨さんを乗せるときは、いつも「おまかせ」で馬に競馬を教えてました(笑)。
2007/09/07(金) 23:26 | URL | ガリバー #-[ 編集]
騎手現役時代、嫌な厩務員はいましたか?俺の馬やお前には乗せんみたいなこと
2007/09/08(土) 13:32 | URL | あげすぱ #wlSOnqtE[ 編集]
田原さんが現役だった頃、もしくは引退された後でもいいのですが、乗ってみたいなあと思った馬はいましたか?
2007/09/08(土) 18:41 | URL | 府中の男 #-[ 編集]
騎乗停止になった時の騎手心理についてお聞きしたいです。
先日岩田騎手が騎乗停止に、今日の京王杯AHでストーミーカフェに乗る田中剛騎手も昨日失格になりましたね。

降着や失格になった当日の残りのレース(土曜の場合は翌日のレース)に臨む時に、騎手の心理にはやはり何らかの変化は起きるものなのてでしょうか?
よく「○○騎手は騎乗停止になるから、今度のレースは気合入れて来るぞ」なんて冗談ぽくファンは言いますが・・・。

「そんなんで勝てるんなら、いつもやってるわ!」と思うでしょうけどね(笑)
2007/09/09(日) 08:36 | URL | 美浦村で生まれた男 #-[ 編集]
まぁ、松田博さんなんかは、当然実績のある1流の調教師さんだと思いますし、好き嫌いの発言ってことはないでしょうが(大口馬主さんの好き嫌いに合わせて発言しているかもしれませんが)、私個人としては騎手がレースで教えなければならないこともあるとは思います。

藤沢調教師ですら、岡部騎手が引退して、G1勝ちから遠ざかってしまいましたし。やはり岡部騎手が馬に競馬を教えていたことが大きかったのではないかと。原因の全てではないとは思いますが。

脚質転換に関して言えば、その転換しようと思う脚質のほうが、今の脚質よりその馬にとってベターだと判断し、それに合わせた競馬をするのは騎手のみができることだと思いますが、そもそもその基礎能力部分は日頃の調教の積み重ねでのみ引き出していけるものだと思います。どちらが欠けてもダメですよね。
2007/09/10(月) 12:09 | URL | ろぶろい #CapbFAf2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bigget.blog87.fc2.com/tb.php/131-d8d1864e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/09/08(土) 00:26:18 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。