競馬予想サイトBigGetマガジン主宰の田原成貴がレース、馬、騎手のあれやこれやを書き綴ります・・・皆さんの競馬のヒントになるかも?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
騎手にとって鞭は馬を速く走らせる為に必要な物です。
騎手が鞭を入れる事は、馬を速く走らせる為の有効な手段です。
鞭を入れられるのは、競走馬として生まれた宿命です。
でも、馬は鞭で叩かれるのは嫌でしょうね。叩かれるのは・・・。
叩かれるのは嫌でも、必要な時に入れられる鞭は嫌ではないでしょう
ニュアンスが難しいけど、叩かれるのと、入れられるのは違います。
叩く騎手は下手な騎手です。
豊の鞭使いを見れば分かると思います。叩く感じは受けないはずです。
豊と違って、叩いてる、と見える騎手がいると思います。それは下手な鞭の使い方です。
一度見比べてみると分かりますよ。
力強く入れていても叩いていない鞭の使い方と、
どう見ても力任せに叩いている鞭の使い方が。
スポンサーサイト
 にほんブログ村 競馬ブログへ  
コメント
この記事へのコメント
競走で鞭を使うのがとても嫌だったんですが、
田原さんの説明で違って見れるようになりました。
VTRで見た田原さんと豊さんの騎乗姿は、人馬一つになって風に乗って走っているようで素敵です。
2007/08/19(日) 20:57 | URL | #-[ 編集]
田原さん、
馬は平和な集団動物で敵に獲物として追われる究極の時しか全力で走らないって読んだことあります。
そういう性質の馬を、人間がコントロールして全力で走らせるために鞭は不可欠ということなのでしょうか?
また、馬が1レースごとに全力で走るのは命を削るようなことなんでしょうか?
2007/08/19(日) 21:11 | URL | #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/19(日) 21:11 | | #[ 編集]
96年桜花賞馬のファイトガリバーは田原さんがデビュー前から全面的にまかされた秘蔵っ子だったそうですね。
ファイト嬢には、なるべく鞭を使わないようにして調教されたのでしょうか?
2007/08/19(日) 21:20 | URL | #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/19(日) 22:10 | | #[ 編集]
牝馬は難しいと言いますが、
田原さんは扱いが上手だったそうですね。
何かコツがあったのですか?

「サラブレッドは生きる芸術品」っていう田原さんの言葉が印象的です。
田原さんのように美しく乗った
騎手もまたその芸術の一部ですよね。
2007/08/20(月) 00:46 | URL | #-[ 編集]
ありがとうございます。
回答して頂けた事に感激しました。

私の気になっていたのは、武豊騎手や福永騎手、四位騎手等とくらべ、地方出身の騎手、全員とはいいませんが多くの騎手は鞭を入れる回数が多いと思ったので、騎手にも環境によって追いかたがそんなに変わるのかと思いました。

やはり、馬に触った事がないと解らない事ばかりですね。
また質問させて頂きますので、よろしくお願いします。
2007/08/20(月) 01:17 | URL | 楽園 #-[ 編集]
もし鞭を使わなかったら、
どんな競争になるか一度見てみたい。
もちろん早く走らないでしょうが、
騎手が鞭なしでどれだけ馬をコントロールできるのか、、、すごく興味あります。
田原さんはそんなレース想像できますか?
2007/08/20(月) 01:21 | URL | #-[ 編集]
ムチを使わなくても、断トツで
ゴールするのは豊騎手でしょうね。
2007/08/20(月) 12:03 | URL | #-[ 編集]
田原先生にご質問です。
叩く騎手はヘタな騎手、とのご指摘ですが、それは、かつて鞭が折れるまでスーパーホースを叩きまくった伝説の豪腕ファイター・南井騎手がヘタだった、というコトなのでしょうか?
南井騎手は鞭を力いっぱい入れまくり、勝ちをもぎとっていたと思います。
先生の波を打つような綺麗な鞭の入れ方も好きですが、南井騎手のようなひっ叩く打ち方にも魅せられたものです。
南井騎手の豪腕ぶりによって勝ちを得た馬も少なくないと思うのですがいかがでしょうか?
2007/08/20(月) 15:57 | URL | マヤ山 #-[ 編集]
マヤ山さん、
ムチが折れるまで叩きまくった騎手に魅せられたなんて、あんたはサディステックな性情なんだね。
叩いて叩いて勝って喜ぶのは、、、人間だけだろ。
馬はどんな思いをしたか想像したことあるか?
2007/08/20(月) 22:07 | URL | #-[ 編集]
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
さて、平地競走で斤量が馬に与える影響についてお聞きしたいのですが、一般的に斤量が58kg以上と以下では馬への影響が大きく変わるとも言われていますよね。
また、何キロで何馬身変わるとかいうこともよく耳にします。
私が思うにこれは馬の能力とか馬格によるところが大きいのであって、たとえば60kgの重量を背負っても苦にしない馬はいるでしょうし、反対に54kgが49kgになったところで走らないものは走らないと思うのです。
そのあたり、いかがでしょうか?田原さんの経験から教えていただけると幸いです。
2007/08/21(火) 00:41 | URL | ひーすとん #-[ 編集]
以前 何かの雑誌か書物で田原さんが鞭はジョッキーにとって一般の人が思っているほど重要ではないといったコメントを見た記憶があるのですが。
私の記憶ではフラワーパークで田原さんがスプリンターズSを勝ったとき直線でほとんど鞭をいれていなかったと思うのですが、鞭を入れないほうが速く走れることもあるんですか。
2007/08/21(火) 01:12 | URL | bon #-[ 編集]
数年前モンゴルの馬民族のところに滞在したことがありますが、馬にムチを使わないで声色で見事に操っていました。何世代もの間、赤ちゃんの時から馬の背が揺り篭で育つDNAを持つ民族だから、馬が完全に自分の体の一部になっているのでしょう。その姿は田原さんや武さんの騎乗スタイルに通じるものを感じます。魂と魂が繋がり馬と一心同体になった時、馬が人間の気持ちを以心伝心し、馬は最高に気持ちよく走るのではと想像しますが、いかがでしょうか?
2007/08/21(火) 06:11 | URL | Q-chan #-[ 編集]
マヤ山さんのコメントにショックを感じました。勝てばどんな手段を使ってもいいんですかね。。自分自身が馬になった姿を想像したら、ゾッとしました。そんな騎手は振り落として、蹴り飛ばしてやりたい。田原さんのような騎手なら、背に乗せたら嬉しく走れるでしょうね。
2007/08/21(火) 10:22 | URL | るる #-[ 編集]
田原さんと皆さんのコメント、なるほどと思いながら拝見致しました。
ありがとうございます。
その中で、馬を鞭で叩き無理強いさせて勝った騎手を褒め称える方がいたのは許せませんね。
私も、昔のタバラさんや武豊さんのような馬を愛する騎手さんを支持します。
2007/08/21(火) 10:30 | URL | さくら #-[ 編集]
マヤ山さんをサディスティクと呼んだ人がいるけど、それは違うと思う。むしろ、マゾなんじゃないかな。マヤ山さんは自分を馬に置き換えてビシビシ鞭で叩かれたら、さぞかし気持ちいい~だろうと思ってるんじゃない。
2007/08/21(火) 10:43 | URL | Shun #-[ 編集]
田原さーん、最近競馬勝てないんだけどビッグゲットだっけ?
入会したら儲けさせてくれるかな?
こんな質問はスルーだな(笑)
2007/08/21(火) 11:05 | URL | ふ~ん #-[ 編集]
バンエイ競馬の蛮馬は鞭を入れられても肉体的な痛みは感じないと聞いたことがあるのですが、サラブレッドはどうなんでしょうか?
2007/08/21(火) 11:18 | URL | * #-[ 編集]
そのモンゴルでもレースの時はちゃんと鞭を使いますよ
2007/08/21(火) 11:33 | URL | あい #HfMzn2gY[ 編集]
毎年日本に来ていたデザーモが去年来ませんでしたが、
やはり米国とヨーロッパの騎手の乗り方の違いですかね?
デザーモを見てると、逆に馬が走る気無くしてしまうぐらい叩いてました。JCDのスターキングマン辺りはその乗り方で良かったのでしょうが、ゼンノロブロイは動かなかったですし。
逆にペリエを筆頭にヨーロッパの騎手は鞭を使う回数が少ないと感じます。
その理由はヨーロッパの騎手が力任せではなく、馬との呼吸の取り方が上手って事なんですかね?
2007/08/21(火) 12:09 | URL | クラウド #-[ 編集]
他の掲示板でも目にするのですが、サンエイサンキュー事件の時のタバラさんの優しさと正義感を覚えてる人が沢山いるようですね。サンエイ事件当時と比べて競馬界では馬に対しての態度は少しは改善されたのでしょうか? 残念ながら、今の馬インフルエンザ騒動でも、競走馬のこと本当に大事にしてるのかと疑いたくなります。
2007/08/21(火) 13:34 | URL | Love & Peace #-[ 編集]
こんにちは。「法の庭」の原作者ということで、今日初めてこのブログを見つけ、競馬は見たことないけど面白いので読ませて頂きました。鞭が折れるまで馬を叩きまくって勝った騎手がいたことも、その騎手のことを好きなファンがいることも驚きました。競馬は怖ろしい世界なんですね。皆さんの書き込みから察すると田原さんは馬を大切に扱っていた騎手だった様子がわかります。そんな方がこのブログをやっていることはとても価値がありますね。これからもたまに覗かせて頂きますので、宜しくお願いします。
2007/08/21(火) 15:05 | URL | 競馬を知らない人間 #-[ 編集]
あいさん、私もモンゴルでも正式な博打競馬ではスピードを最大源に引き出すために鞭を使うということを聞いて知っています。私が言いたかったのは、田原さんや武豊さんの騎乗姿が大平原に住んでいる馬民族が馬に乗っている姿と重なって、馬が幸せそうに見える、って言いたかったんです。
2007/08/21(火) 16:49 | URL | Q-chan #-[ 編集]
馬主・調教師・騎手に恵まれた馬は幸運だけど、もし酷いのに当たってしまったら、、、運命だと思って酷使され続けるしかないのでしょうか? 
JRAは目に余るときは注意しないのですか?
2007/08/21(火) 18:10 | URL | ラッキー♪ #-[ 編集]
コンピューターが壊れてたんで暫く振りに入ってみたら、鞭の使い方について沢山のレスが入ってますね。
私的には、タバラさんが心ある騎手・調教師だったのがわかって嬉しいです。
さて、競馬っていうスポーツですが、これは人間が考えて始めたわけですよね。
その伝統を守り続けるのも大事ですが、人道的にまずい面は時代に併せて改良修正してもいいのではないでしょうか? 
鞭の使い方に対して新ルールを導入するなんていうのは難しいのですか? 
もし導入できるなら伝統的に英国にだけ権限があるのですか? 
あるいは国際的に権限のある機関があるのでしょうか?
2007/08/21(火) 18:19 | URL | 馬大好きっ子 #-[ 編集]
鞭の使い方…。こればかりは馬に直接聞いてみないとわかりませんよね。素人的な考えですが、鞭の強弱による馬への影響は、場面によって違うのではないでしょうか?必要以上に叩き過ぎず、適度に鞭を使えば馬が1番よく走ると思っています。騎手の中には、力任せに鞭を使う方もいますね。あれにも2通りあって、何も考えずに力任せに叩いている場合と、騎手が勝負の合図として使っている場合があるのではないでしょうか。
いずれにせよ、田原さんの騎手時代は合図として使っていたんでしょうね。馬が嫌がらないように工夫しながら、力を最大限に引き出す騎乗を目標とされていたことが、文中から伝わってきました。その思いはきっと競走馬たちにも伝わっていたと思います。

話は変わりますが、法の庭見ましたよ!出演者が適役で、すごくいいドラマでした。天海って漫画ではパチンコしてましたっけ?できればパチンコより競馬をしてもらいたかったんですが、イメージに合わなかったんですね(笑)
2007/08/21(火) 18:27 | URL | ガリバー #-[ 編集]
馬に聞いてみないとわからない?
人の勝手で競馬始めて鞭を使うルールを決めたんですよ。最初から馬の同意なんてなかったはずでしょ?
これから競馬をどうするのか、サラ馬をどうにするのかは、人間の責任ですよ。自分は、物言えぬ馬に代わってタバラさんが間接的に私達に考えさせて下さっているんだと理解しています。
2007/08/21(火) 21:46 | URL | Q-chan #-[ 編集]
カラジのスコット騎手の風車ムチがめちゃめちゃカッコいいと思うのですが、日本にはああいう追い方する人はいないですよね?
見た目はいかにも馬が走りそうに見えるのですが、実際に効果あるんでしょうか?
2007/08/21(火) 22:56 | URL | もんた #-[ 編集]
競馬も鞭も人間の身勝手でやってるのに、
「真相は馬しか知らない」って逃げてる卑怯な人間。
2007/08/21(火) 23:27 | URL | human #-[ 編集]
ヨーロッパでは鞭の回数が決まっているんですよね。ロブロイの時に豊さんが処分されましたよね。あの時の豊騎手は、きっとどうしても勝ちたかったんでしょうね。のびも良くってもしかしたらエレクトロキューショニストを逆転できる感じたのかもしれませんよね。鞭を恐がって走らなくなる馬もいると聞きます。だから見せ鞭も重要だと。でもJCを勝ったときのジャンポケは、ペリエがめちゃくちゃ鞭を入れていたと思いますが・・。基本的な鞭入れがあっても、いざ勝負がかかってしまうとついつい力が入ってしまうこともあるんでしょうね。
2007/08/22(水) 01:18 | URL | 豊ファン #-[ 編集]
これだきゃ絶対間違いない。おそらくおタヴァちゃんも大方同意してくれるものと確信するよ。
サラブレッドに生まれてきた限り、まずは安楽な余生を送れる馬など1%もいない現実は押さえておこう。
99%以上の馬は「廃用処分」の名のもとに、いずれ人為的に屠殺されてしまう現実を、競馬ファンなら頭のド真ん中に置いとくべきだよね。
誰かにとってはこの陰惨極まる現実を、競馬ファンが自らの立場で頭のド真ん中に置いとくと、
ムチを振るう行為が痛々しいだの野蛮だの、矮小なセンチメンタリズムなどたちどころに無くなるもんですよ。
競馬を楽しんでいる分際で、自ら目にする虐待行為は見たくないんじゃ都合よすぎw
競走馬の大方はストレス性胃潰瘍と聞くけど、そんなの俺らド素人だってちょっと考えりゃ想像つくよね。
牧場では生まれて間もなく子分けにあい、ハミ受けやら装鞍やら、馴致と呼ばれる嫌がらせを散々受けたのち、
厩舎に入れば24時間のほとんどを狭い馬房で過ごし、厩チャンの機嫌が悪い日には意味もなくブン殴られ、
レースに行けば俺らの大歓声と怒号のもと、乗り役には手綱でシゴかれムチで引っぱたかれてんだもん。
そんな博打のコマたるサラブレッドに対し、何をいまさら同情したフリをしてんだって話だよね。
俺ら競馬ファンという存在は、誰かにとっては醜悪極まる虐待ショーにカネを賭けて熱狂してんだよ。
そんな自覚も無く「正しい競馬ファン」を自称し、有りもしないロマンと感動ごっこに興じてしまう厚かましさはどうなんだと。
オマエら少しは恥を知れと、こんなことを言いたい衝動に駆られる今日この頃です。
その意味で、本当の意味で正しい競馬ファンの姿とは、おタヴァちゃんも愛した馬券オヤジという結論に至るわけ。
無自覚であれ、彼ら馬券オヤジはいつ何時も、競馬という博打ゴトの本質を正しく見つめているのだよ。
2007/08/22(水) 04:48 | URL | 名無しさん@多摩川で人生アウツ #EBUSheBA[ 編集]
基本的に鞭で叩かれて喜ぶ
人も動物もいないですよね。

全騎手がタバラさんがされたように
合図として鞭を使って欲しい。
そしたら、競馬ファンがもっと増えるでしょうね。
2007/08/22(水) 05:15 | URL | るる #-[ 編集]
タバラさん、馬がすごく好きです。馬が走っている時の姿はとても美しいですね。
馬はすごく繊細なんだそうですね。その馬を鞭で叩いて無理やり早く走らせるのは可哀そうすぎます。
タバラさんのような心を持つ若い騎手がこれから育って欲しいです。
2007/08/22(水) 09:07 | URL | キャロット #-[ 編集]
皆さん、よろしくお願い致します。

鞭の使い方ですが、ヨーロッパは動物愛護の精神が強いので、1回のレースで、その馬に対して鞭をいれても良い回数が決まっていると聞いたことがあります。
なので、ヨーロッパのジョッキーは、日本で競馬をしても、そうなってしまうのではないでしょうか・・・

それとガリバーさんが答えておられるように、馬に聞いてみないと解らないというのが本音かも(笑)
私は以前、少しだけ乗馬をしていたことがあるのですが、私が鞭を入れてもイヤがらないけど、他の人が入れたらイヤがって暴れたことがありました。
馬との信頼関係や、相性の度合いもあるかもしれませんね。
愛情が伝わると、馬って何でも言うことを聞いてくれるんだなぁ、と言うことは強く感じました。馬に限らず犬もそうです。人間も同じですよね(^^)みんな心のある命なんだから、と私は思いました。
偉そうな発言ですいません・・・
私は女性です。お手柔らかにお願いします(笑)
2007/08/22(水) 09:32 | URL | ジュンペー #-[ 編集]
田原さんの仰るように、鞭を{入れる}と「叩く}の違いでしょうね。
競馬をするのに必要な道具だと思いますが、その使い方によって人間性が見えます。田原さんはこころのある旗手さんの代表におもいます。
2007/08/22(水) 10:29 | URL | ピース #-[ 編集]
要するに、競馬とは動物虐待を楽しみながらする博打って訳すっね。
2007/08/22(水) 13:39 | URL | #-[ 編集]
と言っておけば、とりあえずはロマン派の偽善的競馬観が免罪されると。
そんなの痛いに決まってるでしょw
レース直後の馬を中山の出張馬房で見たことあるけど、尻におびただしい数のミミズ腫れが出来てて、

場所によっては血が滲んでいる所もあってね、
そこに厩務員が軟膏薬を塗ってやろうと傷に触ると、
それまでおとなしかった馬が急に飛び上がっていななくシーンはすさがに痛々しかったよ。
あとさ、ヨーロッパは動物愛護の精神云々もいいけどさ、
競馬の発祥なんて、所詮は奴隷貿易で散々儲けた連中のお遊びだよ。
近代競馬の発祥とは、ヒトを人とも思わない上流階級サマが始めたお戯れに過ぎないの。
そんなハンパモンの末裔が創った愛護精神とやらに、
どうして我々黄色人種は何ら疑問を持つことなくコロッと参っちまうのかね。
本当に動物愛護の精神にのっとり、本当に馬が好きだと言うんなら、
ムチの回数を減らすなんてヌルイ話じゃなく、
競馬そのものを廃止するくらいの意気込みがなくっちゃ嘘になるでしょ。
そもそもにおいて、
サラブレッドをペットの犬コロと同等に見るからズレちゃうんだよジュンペーさんは。
だいたいね、レース中の事故で命を落とした乗り役の愛、
イケシャアシャアと我がハンドルネームに出来ちゃう図太い神経が分からんつーの。

競馬の現実に目をそらし、動物を愛護するステキな自分を確認するために、
競馬とサラブレッドを骨の髄までしゃぶり尽くすロマン派のキミ。
キミ達おぞましいほど厚かましいんだよ。
ただの一度でいいから、そのおぞましいほど厚かましいテメエの絶対善を疑ってみなさいっての。
2007/08/23(木) 02:01 | URL | 名無しさん@船橋で人生アウト #cClnS496[ 編集]
タバラさん、著書、エッセイ、コミック、ドラマなどで
こういった問題点の真実を世の中に伝えていってください。
2007/08/23(木) 13:19 | URL | るる #-[ 編集]
どこから話がずれたのかわかりませんが、「真相は馬しか知らない」とは、田原さんの鞭と、他の騎手の鞭の痛みの違いは、馬に聞かないとわからないと言いたかったにすぎません。ジュンペーさんも同じではないでしょうか?痛くないはずがないですしね。
人間は、人間のため、自分のために生きていかざるをえない動物です。魚や肉を一切食べない方は稀でしょうし、何かを犠牲にして生きています。競馬は、その人間が楽しむための、ただの遊び道具です。人間の都合で馬を走らせています。しかし、自分は競馬を否定しません。虐待と言われても、人間、そしてサラブレッドが生きていくために、必要なものだからです。
一方で、ともに命を持つ者に対して、ちょっとした心遣いができるのも人間です。他の動物には決して真似できません。田原さんが、馬を力づくで叩かないようにされてきたのは、自然と出た心遣いだと思います。田原さんの鞭が、他の騎手の鞭より痛いのかどうかは、馬に聞いてみないとわかりません。ですが、競馬という同じ土俵でたたかう馬に対して、少しでも馬に楽をしてもらおうと、鞭の強弱に気をつけて騎手を続けてこられたことは、同じ人間として誇りに思います。たとえ馬にとって、ありがた迷惑だったとしても。自分が馬なら田原さんを乗せたいです。
ここは田原さんのブログなので、このテーマについてはここまでにしておきますね。みなさん長々とすみませんでした。
2007/08/23(木) 18:07 | URL | ガリバー #-[ 編集]
この世は人間の欲でまみれた汚い世界なのさ。競馬はその一つにすぎないよ。
2007/08/23(木) 20:41 | URL | 風来坊 #-[ 編集]
馬は人間よりずっと皮膚が分厚いわけだし、叩かれすぎて出血したり皮膚が荒れたりしてる馬はいませんよね?「痛い」とまで感じているかどうか、ってとこじゃないでしょうか。だいたい、本当に痛かったら走れないですし。

鞭は痛みを与えるためではなく、人から馬への有効な「指示」の一つだと思います。
2007/08/23(木) 23:25 | URL | 名無しファン #-[ 編集]
お前等、全員馬鹿だ
2007/08/24(金) 00:01 | URL | ふ~ん #3tuO1Kik[ 編集]
歴史があるものを一度に全部をひっくり返して変えるのは無理ですが、
その自覚を持った人が毎日の生活の中で、動物をいたわる気持ちで接すれば
その心の影響を受ける人もいますよ。
絶望的にならないで、タバラさんのように
いたわる心を持って毎日生きるようにしたいですね。
2007/08/24(金) 08:52 | URL | #-[ 編集]
タバラさんの精神はこんなにも反響が大きいのですね。それだけ愛護の精神がある方達が多いのでしょう。日本を代表する武豊騎手が心ある騎乗をされ、元天才騎手のタバラさんがそれを文章で世間に訴えてバックアップしている構造に、競馬界に光が見えます。トップ2人に影響を受けて若い騎手が育ち、また馬主・調教師・ファン、、、と大きな善意の輪が広がっていくような気がします。今日はタバラさんの心に感動したので良い一日を過ごせそうです。ありがとうございます。
2007/08/24(金) 09:33 | URL | シャンティ #-[ 編集]
名無しさん@船橋で人生アウトさんの言葉はジーンときたよ。
魂の底から馬のことを真剣に考えぬいてきた人の発言だね。
心の底から優しい人なんだろう。
2007/08/24(金) 18:39 | URL | サスケ #-[ 編集]
下手だったかも知らないが、南井は鞭連打しても絵になってたぞ。
2007/08/24(金) 23:43 | URL | 欲椿⑯ #-[ 編集]
「田原さんの鞭と他の騎手の鞭の痛みの違いは、
馬に聞かないとわからない」だと、
納得いかんな~。
鞭を入れるのと叩くのでは違う。
そんなこと馬に聞かなくても、
誰だって想像できるだろ!!!
2007/08/24(金) 23:53 | URL | #-[ 編集]
どちらにせよ、
「馬に聞きてみないとわからない」
っていう発想はお粗末だ。
2007/08/25(土) 08:41 | URL | JJJ #-[ 編集]
「鞭は人から馬への有効な指示」ですか? その指示のやり方に問題がるっていう話をしているのに、、、
次は「鞭は人から馬への愛の証」なんて言う人が出ないことを祈ってます。
2007/08/25(土) 18:15 | URL | 金無し #-[ 編集]
×レース中の事故で命を落とした乗り役の愛、
○レース中の事故で命を落とした乗り役の愛称を、

だね。
この愛称は、おタヴァちゃんが殊更目を掛けていた騎手への特別な呼び方だったからね。
俺にも贔屓だっただけに、ちょっと感情的になってスマヌ。
2007/08/25(土) 22:05 | URL | 名無しさん@新潟で人生アウト #cClnS496[ 編集]
「馬の皮膚は厚いから叩いても痛みを感じないだろう」と言ってる人がいますが、タバラさんの主旨を理解してないようですね。
2007/08/26(日) 08:10 | URL | ワイン #-[ 編集]
名無しさん@。。。さん、
やはり厩務員さんをやられてたんですね。
誰の言葉より心に伝わって来ました。
これからも競馬の裏真実をご教授ください。

2007/08/26(日) 16:10 | URL | 名無しさん@のファンより #-[ 編集]
タバラさん、今度厩務員さんからみた競馬のお話を発表してください。自分のまかされた馬を24時間世話する厩務員さんは、馬のこと誰よりも大事に思っていることでしょう。馬が好きではじめた仕事、でも馬が競馬界で生き残るために酷使され呻いている様子を、自分の体をもぎ取られるような気持ちでみていらっしゃるんでしょうね。感動のお話になると思います。
2007/08/26(日) 21:23 | URL | Lucy #-[ 編集]
明らかに誤解されてるヒトがいるけど、俺の肩書きは厩務員でも立派な人間でも何でもないからねw
あくまで普通のサラリーマン。
会社を辞める根性もないくせに、愚痴だきゃ達者な二十代後半ス(ヤな奴だね)。
そんな俺ゆえ、当然ながら会社でも馬券・船券とネット投票に勤しむ傍ら、
あくまで独自のヒネた競馬観を確立したと思いきや、まさか同調してくれる競馬ファンがいるとは望外の喜び。
ここは素直にありがとう。
こんな発言の機会をくれたおタヴァちゃんにも感謝です。
2007/08/26(日) 23:57 | URL | 名無しさん@新潟で人生アウト #cClnS496[ 編集]
秋天時 増澤騎手がオグリにカラムチを乱打していましたが、意味があるのでしょうか?
素人の私には今だに理解に苦しみます。
2007/08/27(月) 18:25 | URL | シラハノヤ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bigget.blog87.fc2.com/tb.php/125-42653c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/08/21(火) 14:33:50 |
管理人の承認後に表示されます
2007/08/22(水) 06:33:59 |
管理人の承認後に表示されます
2007/08/23(木) 07:03:49 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。